amazonfba

sasaki

近年、人気急上昇中の中国輸入。
個人で始められる方も非常に増えています。

個人輸入のお話をしますと…
政権交代以前の日本は長い円高時代が続いており
eBayや海外Amazon輸入などがブームになっていました。

政権が変わり、1ドル80円から100円へ。
利益率の高さから中国輸入が注目されるように!

eBay輸入の場合は送料なども中国と比較すると高いこともあり、
扱う商品単価が1万円~といった具合で高い傾向にありました。

その場合、一回のやり取りで得られる利益も大きい為、自宅に在庫を保管。
「ヤフオク」をメインの販路として、副業をされる方も多かったように思います。

そのような欧米中心のeBay輸入などと比較すると中国輸入は商品タイプが変わります。
どちらかと言えば、一商品が安く、数を捌くタイプの物販になりやすいですね。

 

AmazonFBAについて

中国輸入のように沢山の数を出品する場合、愚直に…ヤフオクのシステムをそのまま利用して購入者とやり取りをしていると、品数が多くなればなるほど余計な作業時間が増えてしまいます。もし今、そういう悩みをお持ちの方がいらっしゃるならば、「AmazonFBA」を利用してみると作業効率が格段に上がるかもしれません。

ヤフオクとは販路が異なりますから
相場が若干異なる点には注意してくださいね。

AmazonFBAとは

Amazonが提供するソリューションの一つ。
フルフィルメント by Amazon というサービスの略称です。

  • 在庫管理
  • 注文処理
  • ピッキング
  • 梱包
  • 出荷

その他…ラッピングから返品受付まで。
販売に関するほぼすべてをAmazonが行ってくれるサービス。

■全く自動化していない場合

例えば、全く自動化せずにヤフオクを利用した場合。
概ね、以下のような作業フローが発生します。

  1. 商品を海外から輸入
  2. 商品が自宅等の在庫管理場所に届く
  3. 注文の確認
  4. ピッキング・梱包・出荷
  5. その後のやり取り

■AmazonFBAを利用した場合

ここでAmazonFBAを利用すると以下のようになります。

  1. 商品を海外から輸入
  2. 商品が自宅等の在庫管理場所に届く
  3. AmazonFBA倉庫に出荷(後はAmazonが全て担当)

煩わしかった注文処理関連の作業が不要になります。
その分、時間を作ることができますからビジネスも加速します。

これまでAmazonFBAを利用していなかった人が利用することにより、
「86.4%の方が利用後に売上が向上した」とのアンケート結果が出ています。

物販を行う以上、一度は利用したいサービスです。

 

AmazonFBA納品代行について

上記作業フローから更に作業を簡略化することを考えます。
海外から仕入れた商品をFBA倉庫に直送する」ということです。

輸入販売の自動化

これが可能になると以下のような作業フローが考えられます。

  1. 商品を海外から輸入
  2. 商品を直接AmazonFBA倉庫に出荷

もし商品が既に検品されているものであるならば、輸入した商品がわざわざ自宅を経由してFBA倉庫に行く必要が殆どないと言えますよね。結果的に以下のようなメリットが生まれます。

■メリット

もしこれが可能になった場合は実にシンプルなビジネスに落とし込むことができます。
要するに「商品を探して注文し、AmazonFBA倉庫の在庫を管理する」だけでOK。

※ただし・・・一筋縄ではいかない・・・

■注意点

ということで…代行業者さんに発送してもらう住所をAmazonFBA倉庫にしたとしましょう。すると輸入ならではの問題が発生することになります。やったことがある人ならお分かりですよね。

「関税の問題」です。

海外から何か買ったことがある人は経験があるかもしれません。
海外から送られてきた商品を受け取る際に関税を支払う必要があります。
※支払わなくてもよい場合もあります

代行業者さんに直接AmazonFBA倉庫に発送してもらったまではよかったものの、AmazonFBA倉庫側が商品を受け取る際に関税を請求されることになります。もちろんAmazon側が関税を支払うわけもなく…受け取り拒否になってしまい、商品が返品されてしまうことになります。

私どもの提供しております「中国輸入物流代行サービス」では、上記問題を解決する為のノウハウなども提供させていただいております。ノウハウも含めた私どものサービスに満足頂けなかった場合は「1ヶ月以内に解約する場合は『月額費返金』対応」を行っております。

是非一度、ご利用下さい!